ニキビ痕がイヤ!

ニキビ痕が消えない・・・長い間残るのがイヤ! - ニキビ痕の種類

ニキビ痕の種類

tuioyjydt
年頃になると誰でも1度はニキビが出来た事があると思います。
適切な処置をしないと痕が残り、ニキビ痕として大人になっても残ってしまう事があります。
ニキビ痕には数種類があり、それによっては症状や治療法も変化します。
美容皮膚科ではいくつかの種類があるニキビ痕も治療する事が出来、それぞれに合わせた治療法もありますので、気になる場合には美容皮膚科で治療を受ける事がおすすめです。
ニキビ痕にはどのような種類があるのでしょうか。

赤みタイプ

ニキビが出来て半年以内の物は炎症の跡が残っている状態になりがちである。
1年を経っても消えない赤みは、肌の表皮や真皮層がダメージを受けており、皮膚の下にある筋肉や血管が透けて見える事もあるようだ。

色素沈着

ニキビ痕の色素沈着で紫がかったものはヘモグロビンが影響していると言われている。
この状態が治まりを見せるとメラニンによる茶色いしみのような色素沈着を起こす事になるのである。

クレーター

ニキビが繰り返し出来てしまい、赤ニキビが化膿し、症状を進行させ、ニキビによってできた傷が真皮層まで達し組織を複雑に破壊した事で出来るのがクレーターである。
ニキビによる炎症が治まる過程で真皮層が修復出来た箇所とそうでなかったところが分かれ、肌の表面が凸凹になってしまう状態になる。

しこり

ニキビが化膿し、皮膚の深部にまで炎症が達した場合に皮膚の異常再生が起こり、しこりとなる事がある。
炎症が治まった後には、壊れた真皮を修復しようと細胞を再生しすぎてしまう事が原因でしこりとして盛り上がってしまうのである。

ケロイド

ニキビが同じ個所に繰り返し出来る事により、皮膚が盛り上がり、徐々に大きなニキビ痕になった状態を言うのだ。
しこりが繋がったような見た目になる事が特徴的だ。
ニキビ痕が体のどこかにあると、どうしようもなく気になったり、ついついどうにか隠したくなるものです。
こうしたニキビ痕は美容皮膚科で治療する事が出来、ニキビ痕の種類別に治療方法も異なる事から、適切な処置を行う事が大切だと言われています。
種類別の治療方法にはどのような物があるのでしょうか。
gfqthrs

赤みタイプ

主に、赤みに吸収されるレーザーであるVスターレーザーや、フォトシルクプラス、ピュアアクネス等の光治療器を使用する事が多いと言われている。
1年以上も経過している赤みニキビ痕にはコラーゲン生産作用を促すやグレーザービーリング等を使用する事もあるのだ。

クレーター

凸凹のあるニキビ痕にはコラーゲン生産作用を促す治療を施術する事が多いと言われている。
ピーリングやコラーゲン注入を組み合わせて行う事でより効果的に治療を進める事が出来るのだ。

色素沈着(茶色)

色素沈着をしてしまい、茶色くなってしまったニキビ痕には、この色素を薄くして行く治療を行う事が多いものだ。
メラニンが関与している事から、美白剤等の処方や美白点滴を併用する事もあるようだ。

ケロイド

ケロイド状になってしまったニキビ痕は自己処理する事は非常に難しく、治療法としては内服薬や、塗り薬、圧迫療法、ステロイドの注射等を行う事が多いと言われている。
また、レーザー治療も合わせて行う事で、ケロイドを少しずつ小さくして行く方法もあり、時には外科的手術によって切除する事もあるのだ。
ニキビ痕の治療には自己処理出来ない場合の方が多いと言われている。
その為、ニキビ痕が気になる場合は、美容皮膚科を東京でお探しなら広尾プライム皮膚科で治療を受ける事が何よりも安全かつ美しい仕上がりになると言われている。

Copyright(C)2015 ニキビ痕がイヤ! All Rights Reserved.